広島人がよく使う言葉一覧表

広島弁一覧表

よく使う言葉

広島弁「ぶちまわす」の意味と使い方事例

更新日:

広島弁のなかでも非常に怖い言葉なのが「ぶちまわす」です。特に男性が使う頻度の高い言葉で他県の方が聞くと、なかなかの分厚いインパクトでしょうし、ケンカ・言い合いのときに登場する言葉です。今回は広島弁「ぶちまわす」の意味と使い方事例を紹介します。

スポンサーリンク


1. 「ぶちまわす」の意味

さて「ぶちまわす」とはどんな意味があるのでしょうか?

「ぶち+まわす」で凄い何かわ回すイメージがありますが、実は怖い言葉なんです。

  • しばく
  • ボコボコにする
  • 叩く
  • 殴る

簡単に言えば相手に危害を与えるという意味です。

2. 「ぶちまわす」の使い方事例

さて「ぶちまわす」は怖い言葉だとわかりましたが、どんなシチュエーションで使うのでしょうか。

実際に「ぶちまわす」も使う場面によって、本気の「ぶちまわす」冗談の「ぶちまわす」がありますので、紹介します。

2-1. 絡まれたときの「ぶちまわす」

  • 「さっきから何見とるんや!ぶちまわすど!」

完全に見てもいないのに、不良に絡まれたシチュエーションですね。「ぶちまわす」の中にも語尾が違うケースがあります。

  • 「ぶちまわすど」
  • 「ぶちまわすぞ」

意味は同じですので、気にされなくていいです。

2-2. ケンカのときの「ぶちまわす」

  • 男1「なんや!ぶちまわされたいんか」
  • 男2「ぶちまわしてみーや!すぐ警察に言うちゃるけぇ」

少し「ぶちまわす」から変化していますが、この例文では「何?殴られたいの?」男1が聞くと男2が「殴れるもんなら殴ってこい!警察に言うけどね。」といった例文になっています。

2-3. 父親からの「ぶちまわす」

  • 「はよー宿題せーや!ぶちまわすで!」

冗談交じりの「ぶちまわす」ですね。早く宿題をしない息子に対して注意喚起をする父親です。実際に優しい感じで言えば相手にも冗談だとわかりますので、「ぶちまわす」は温度差によって変わってきますね。

3. 「ぶちまわす」まとめ

「ぶちまわす」はやっぱり相手に対して殴るという意味合いが強いので、比較的男性が使うケースが多いですね。警察24時のテレビでもわかるように週末の流川に行けば、ケンカしていることもあるので聞けるかも知れませんが、なかなか広島県へ旅行に来て「ぶちまわす」を聞けるかと言えばケンカ系のシチュエーションがない限り厳しいでしょうね。また「ぶちまわす」をマネしようとしてもシチュエーション的にもないからも知れませんね。

今回は「ぶちまわす」の意味と使い方事例について紹介しました。ありがとうございました。

スポンサーリンク

-よく使う言葉
-, ,

Copyright© 広島弁一覧表 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。